シンプルに暮らす!多機能な調理器具を見つけよう

>

小さなものから大きな物まで、工夫次第でなんとでもなる

ボールとザルでも十分にサラダの水切り可能

サラダ水切り、遠心力を利用したあの調理器具、非常に便利ですね。
でも、意外と場所取りませんか?
実は、サラダの水切りはボールとザルで十分可能です。

ザルとボールの直径がほぼ同じ物を使い、ザルに水切りしたいサラダ材料を入れ、その上からボールで蓋をして、両方の縁をしっかりと閉めて持ち、上下に動かす事で相当の水切りが可能です。
それでも水気が気になる場合は、丈夫なキッチンペーパーに巾着のようにサラダ材料を包み、巾着のとじ目を持って、数回振れば、完全に水は切れます。

もちろん要らなくなったサラダ水切り器は、法に触れないようなゴミ処理方法をとるか、要りような人に差し上げるかして、これまたすっきり収納が可能になりますね。

ポテトマッシャーも身近にある物で代用可能

実はこのポテトマッシャー、独特の形状をしているために、調理器具の引き出しなどに収まりきれない時もあるのでは?
小さいものですが、意外と収まる場所を選ぶ調理器具ですね。

このポテトマッシャー、フォークや木べら、スプーンの裏部分で代用が十分可能です。
私は、ゆで卵をマッシュするときには、フォークの背で潰しています。
意外と洗い物も少なく、細かく砕けます。
イモ系のマッシュは、木べらでほぼ十分です。
木べらであれば、細かくしたいときはひたすら潰せば滑らかになりますし、荒く潰したいときには、木べらをたてるようにして切り混ぜるような方法で潰していくと、粗めにマッシュが可能です。

実は、専用の器具がなくても、専門的な調理をしないのであれば、身の回りにある道具を工夫することで、大体の料理が可能です。


この記事をシェアする